Language

SPECIAL GUEST : Overhead Champion

Herald TRANCE

Overhead Champion

2004年より本格的に作曲、ライヴ、DJ活動を開始。 今なお伝説のピークアンセムとしてPLAYされ続けているデビュー曲『BEAT!』のメガヒットにより一躍日本のダンスミュージックシーンの第一線に躍り出る。 2005年8月には待望のファーストアルバム『BEAT!』を発表。 次世代ヒットメイカーとしてさらに大きな注目を集めることになる。 その後、アルバム収録の珠玉のメロディアスボーカル曲『Eternity』『Be The One』が大きな話題を呼び、今なお全国のフロアを熱くさせている。 さらには、a-nationのテーマ曲のプロデュースを2年連続で手掛け、 2006年にはダンスシーンにおいては異例の、リミックスアルバム『The Trance Champion -Overhead Champion Best Remix & Live-』、オリジナル2ndアルバム『Eternity』を2ヶ月連続でリリース。 2008年1月には待望のベストアルバム『The Best of Overhead Champion』をリリースしいずれも大ヒット。 さらに現在はトランス、ハウス、EDM等のクラブミュージックにとどまらず、 あらゆるジヤンルを手掛ける事の出来る音楽プロデューサーとして、様々な名義で、 EXILEMay.J倖田來未鈴木亜美Girl Next Door青山テルマBoABENISouljaNERDHEADタッキー&翼V6国生さゆり林田健司UVER WORLDらにも楽曲やリミックスを提供しており、 2010年には、代々木体育館での2万人を動員した『Popteen祭り』のトップバッターとして出演し、AKB48や西野カナらと共演を果たす。 2011年からは、地下アイドルユニット『アイドルカレッジ』の サウンドプロデューサーも兼任し、CDセールス3万枚を売り上げ、 オリコン最高位9位を獲得、メジャーデビューへと導く。 10周年である2014年には、自身の原点であるトランスに立ち返り、 5月にリリースしたEP『Back To Basics』を引っさげ、 全国10カ所でのリリースツアーを行い、 満を持して、2015年1月には6年振りのCDアルバム『Music For The Party People』をリリース。 今最も期待されている彼の動向から、ますます目が離せない。

DJ: GAN, TSUKAYUKI, TOMOPIRO, tomoya169 and more