Language

SPECIAL GUEST : 卍LINE

卍LINE

活動を始めた当初は"特異"な存在であった卍LINE。それが2014年の現在では"孤高"の存在へと進化/深化を遂げた。それは彼のLIVEを体感すれば一目瞭然、問答無用である。十数年前にTV業界に見切りをつけながらも、役者・窪塚洋介として役の大小に関わらず、映画や舞台でいかんなくその類い稀な才を発揮し続け、更なる表現の場を求めた2006年にレゲエDeeJayとしてデビューした。今も唯一無二の活躍を続ける、それが『卍LINE』である。当初から"現場至上主義"を貫き年間80本以上ものLIVEを8年の歳月こなしてきた、その両面に裏打ちされたカリスマの真価を持った生粋の表現者。常人では考えられないほどの流れの中で、この男は自身5枚目となるアルバムまでをも完成させたのだ。刺激と癒しに満ち溢れた日々の連続の中で産まれた彼からのメッセージは、聴く者すべてに刺激と癒し、元気を与えることであろう。
"卍"には幸運や太陽、時間、渦などの意味があり、"LINE"には方向や道筋という意味がある。その意味が合わさることによりバイブレーションがオリジナルの線を描いて世界に広がってゆく、という名前になる。
まさしく彼の存在を表す"言い得て妙"な二つ名である。