SPECIAL GUEST : DJ Ami Suzuki(鈴木亜美)

DJ Ami Suzuki(鈴木亜美)

1998年「love the island」でデビュー

2004年12月30日、エイベックスへ移籍後、第一弾シングル「Delightful」をリリース。

2007年には様々なアーティスト、ミュージシャンとのコラボレーション企画アルバム「join」シリーズを発表し、新たなクラブミュージックにも挑戦。

2009年からは本格的にDJ活動を始め、聞くものすべてを笑顔にさせる、ハッピーフィーリング満載の「KISS KISS KISS」のリリースと同時に初のDJツアーを行う。

国内のみならず、韓国台湾上海オーストラリアLAなどで、Girls DJとして活躍。

歌手女優、DJと活動の幅も広がってきた。
女優としては、2006年10月に公開された「虹の女神 Rainbow Song」で初の映画出演を果たし、
翌年には深作健太監督の映画「XX(エクスクロス) ~魔境伝説~」に出演。

2008年には聴覚障害を持つ少女を演じたTBS系列のドラマ「愛の劇場・ラブレター」で昼ドラマ初主演を飾る。

舞台でのデビューは、2008年の「ココロノカケラ」で主演デビューを飾り、
2009年にシアタークリエで上演されたミュージカル「ブラッド・ブラザーズ」にも出演。

2010年にはル・テアトル銀座で朗読劇「私の頭の中の消しゴム」に挑戦し、
2011年には日中国交正常化四十周年記念舞台「ジンギスカン~わが剣、熱砂を染めよ~」で紫吹淳佐藤アツヒロと共演するなど、
着実に歩みを進めてきた。

そして、2011年12月にはエイベックス移籍後初のベストアルバム「Ami Selection」を発売する。